クリスマスも近づく今日この頃。寒い日が続きますね。

寒い時の胡蝶蘭のお手入れ方法で一番重要なのが、

 

_硬

⊃紊笋

 

これは夏でも同じ事が言えます。

 

_硬戮蓮⊃祐屬快適と思える温度が、胡蝶蘭にとっても快適と思える温度です。

寒い冬でも最低10度は保って欲しいところです。

 

⊃紊笋蠅蓮温度と関係が出てくるので注意が必要です。 

夜だと寒くなるので、午前中のうちに水やりをしましょう。

冬の水やりのペースは、管理温度によっても変わります。

昼暖かく、夜寒い部屋の場合は20日に1回、コップ1杯くらいが目安です。 

暖房が一日中効いている部屋の場合は、2週間に1回、コップ1杯くらいが目安です。

毎日水やりはNGです。すぐ枯れます。

 

 

 

お正月を迎えるに当たって、玄関に胡蝶蘭を飾る方がある思います。

一般的に玄関は昼と夜の温度差が激しい場所で、昼間も陽が当たらないような家屋が多いと思います。

あまり陽が当たらないような場合は、時々、窓辺で光合成をさせてあげてください。

時々だけでもエネルギー源にはなるので、やらないよりは長生きします。

夜暖かい場所に移動しても良いでしょう。 お正月が終わったら、気分転換に玄関から居間へと移しても良いかもしれません。

 

冬の間も、是非胡蝶蘭を楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴もと紹介

胡蝶蘭専門店鈴もと 〒421-0421 静岡県牧之原市細江220 電話:0548-22-1344 ホームページ:http://www.suzumoto-orchid.com/ 卸販売について、お気軽にお問い合わせください♪